CONCEPT

コンセプト

体に優しく そして美しく
野菜をこよなく愛する植竹隆政シェフによる自然派イタリアン

スローフードの発祥地であるイタリアの料理は、オリーブ油とトマトをたっぷりと使う南イタリア、
バターや生クリームを利用した北イタリア、そして魚介類を用いた地中海沿岸部等、
地方によって異なる食文化を持っていますが、
素材の魅力を存分に引き出す料理であるという点で共通しています。

「カノビアーノ」のお料理は、バター・生クリームなどの動物性油脂やニンニク・唐辛子を使用せず、
素材本来の豊かな味わいを最大限に引き出し創られています。

オリーブオイルと伝統的な食材のハーモニーによる美味しさは、
日本人に広く受け入れられ、歳を重ねても末永く楽しめる上品さを感じさせます。

植竹シェフが目指す究極の味。それは、無駄をそぎ落とし素材の本質を引き出すこと。

「素材を大切に」「食を楽しむ」という原点を決して見失わないオンリーワンのイタリアンを創出していきます。

一皿一皿が美しい。
見た目の美しさ通りの繊細な味付け。

日本で一番スローフードの精神を理解している植竹シェフが織り成すイタリアンは、
“自然”にとことんこだわったものを厳選する妥協のない姿勢から生まれつづけます。

窓外に広がる豊かな緑と空・・・ゆったりとした席から眺める景色に至るまで計算しつくされた店内。上質な寛ぎを演出するその空間は、大切な方とまた来たくなる、そんな気持ちが生まれます。

四季折々の、いちばん美味しい素材を、いちばん美味しいときに味わっていただきたい、そんな想いからメニューは毎月刷新いたします。食素材が本来持つ豊かな味わいを最大限に引き出したお料理。そして、素材の美味しさはもちろん、香りや見た目の美しさまでもこだわった一皿・・・

それがカノビアーノスタイルです。

植竹隆政Uetake Takamasa

Profile/1963年神奈川生まれ。東京調理師専門学校で和食、中華、西洋料理を学び「バスタパスタ」の開業メンバーとして活躍。その後単身イタリアに渡り、修行の中でオリーブ油とイタリア野菜の美味しさに開眼。帰国後「ビゴロッソ」の料理長を経て、1999年11月東京・代官山に「カノビアーノ」をオープン。その後、全国各地のレストランの料理監修を行いながら、大阪「カノビアーノアネックス」ほか、福岡・石垣島など展開中。
現在は代官山を拠点に今一番旬な食材を求めて、日本各地の農家・生産者とコミュニケーションを図りながら、また各地の学校等で食育の一環として教鞭にも立つ日々を精力的に送っている。

カノビアーノの思い

彼が、シェフとしてもっともこだわるのは、何よりも旬の食材を生かすということ。

海外での修行から日本に戻り、「京野菜に出会ったのが最大のきっかけ」だったという。
京野菜のもつ、しなやかで、繊細で、緻密な味わいに衝撃を受けたシェフ植竹は、日本人のためのイタリアン料理をはじめた。

「イタリア料理といえばニンニクやトウガラシをやたら使うという印象がありますが、
それは単なる誤解で、バターやクリームさえ使わない店も多い。
食材の持ち味を生かすという発想は、イタリアも日本も同じなのです。」

日本中を自分自身の足でめぐって、優れた食材を根気よく探し続けた日々。
訪ね歩いて見つけた農家から四季折々に届けられる、丹精込めて栽培された京野菜。
直接契約した漁港から毎朝いちばんで直送される、鮮度を大切にした魚介類。
厨房には毎朝、厳選された旬の食材が全国から届けられる。この逸品たちに触れる瞬間が「もっとも幸せな時」なのだという。

シェフ 石原太郎Taro Ishihara

トータルでの満足を。新しいイタリアンスタイルの確立

Profile/1979年岡山県生まれ。両親との外食が一番の楽しみだった幼少期。将来は料理の道に進みたいという夢を実現すべく、18歳で服部栄養専門学校へ。卒業後は、イタリアンやフレンチ、鉄板料理など様々なジャンルで修行を重ねる。その後出会った「CANOVIANO」で、代官山本店にて腕をふるうシェフ植竹氏に師事。3年前に「CANOVIANO ANNEX」シェフに就任する。

「美味しい料理は必ず人を幸せにすることができる」その熱い想いが一皿一皿に込められている。

シェフよりひとこと

メニューを考える際、「CANOVIANO」に欠かせない旬の素材を使用することはもちろん、コースの流れに一番の重きを置いています。一品一品の満足に加えてトータルで楽しんでいただける内容であることにこだわってきました。

「無駄をそぎ落とし、食材の良さを素直に引き出すことで創り出される至高の料理」というオーナーシェフ植竹からの教えを継承しつつ、大阪という地ならではの料理を提供していきたいと考えています。気候温暖で、四季折々の食材に恵まれ、昔から天下の台所といわれたように全国から良質で新鮮な食材が集まる大阪。その特性を活かし、本店とはまた違った「CANOVIANO ANNEX」流イタリアンをお楽しみください。

ここだから味わえる、ここでしか味わえない美味しさを追求し続けます。

お料理にあったワインを厳選

“カノビアーノアネックス”の味をさらに深め、楽しんでいただくのに欠かせないもの、そのひとつがワインです。
かつては特別な日に飲むというイメージが強かったワインですが、最近は手ごろな価格のデイリーワインも多くなり、
気軽に楽しんでいただきやすくなりました。
ワインの持つ味わい・料理との相性・お客様のお好みやシチュエーション等から、
専任ソムリエがあなたにぴったりのワインをお選びいたします。

「今日は何を飲もうか?」「この料理に合うワインは?」と迷ったときは、気軽にお声がけください。

ソムリエ 畑良介Ryosuke Hata

楽しいお食事になるためのお手伝い。それこそがソムリエの仕事

Profile/1975年大阪府生まれ。「ホテルニューオータニ大阪」「スイスホテル南海大阪」で15年間サービススタッフとして“おもてなし”の心を学ぶ。その時に出会った先輩の影響で、ソムリエの道を目指すことに。2010年「一般社団法人日本ソムリエ協会認定ソムリエ」を取得。

ソムリエになった今も心がけていることは、「ソムリエであるまえに1サービスマンである」ということ。洗練されたスマートな接客や豊富な知識から、彼目当てに訪れるファンも多い。より多くのお客様に楽しんでいただける空間作りを目指す。

ソムリエよりひとこと

カノビアーノのお料理は、素材そのものを活かしたメニュー内容になっているので、ワインも様々なものをご用意しています。

和食に近いイタリアンと言われることが多いことから、日本ワインもリストに入れております。お刺身等にも合う日本ワインは、野菜の美味しさや新鮮な魚介類が魅力のカノビアーノのお料理にピッタリ。個人的に好きなワインは、非常に多種多彩なサンジョベーゼ品種の「キャンティ」。果実やフローラルのアロマに、酸とタンニンのバランスがとてもいいワインです。また、貴腐ワインもおすすめ。ワインが苦手な方にも楽しんでいただける甘いワインで、フォアグラ料理にもよく合います。

高級なワインよりも作り手の思いや情熱の伝わってくるワイン、特に直接出向き話を聞かせていただいたものを積極的に使用しておりますので、ぜひお試しくださいませ。

メニュー

ランチ

大きな窓から光が差し込む心地よい店内。
リーズナブルにプチ贅沢をしていただけるランチは、大変人気がございますので、ぜひご予約くださいませ。 リーズナブルとは言え、もちろん食材の質にはこだわってご用意いたします。

ディナー

都会の喧騒感を感じさせない落ち着いた雰囲気の中で過ごすラグジュアリーな時間。
様々なシチュエーションでのご利用がございます。
接待や記念日、またご家族での時間等どんな場面でも快適に過ごしていただけるサービス・メニュー内容でお待ちしております。

PAGE TOP